夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ
田舎暮らし - 住んで都 TOP > ならではの楽しみ > カブトムシを捕りに行く

カブトムシを捕りに行く

2012年8月18日 13:45 | コメント(0) | トラックバック(0)

毎日暑くてヘトヘトになっている親をよそに、あやことあおとはものすごく元気だ。

730日まではやませがひどく毎日が23~24度くらいの涼しさか、下手をすると20度くらいまで下がって長袖を着ないと寒かったのに、8月に入った途端に暑い。

今日も33度あるから、子供たちはランニング姿で外で遊んでいる。

お盆休み中に近所のおじいちゃんたちとカブトムシを捕りに行くと言い出し、子供たちだけでは悪いので、一緒に行くことにした。

mie42 008a.jpg

隣町を越え私達が住んでいるのとは別な田舎で休憩、田舎暮らしのゆったりな景色にうっとり。

暑さも忘れて素晴らしい景色に見とれてしまった。同じ県でも田舎暮らしの風景がこんなに変わるものだと知りませんでした。

山に入るととんでもなく深い。

蛇が出るのではないかと不安でたまらなかったが、いろんな虫がいて思わず童心に帰ってしまった親の私たち。

セミの抜け殻を発見したと喜び、川の近くではこんな見たことないトンボが飛んでいて、「オニヤンマもいるかも!」と目を凝らして探したが見つけられなかった。

mie42 004a.jpg

大きい姿をしているのに、なかなか見つけることができないのが悔しいが、捕らえることができたときは、その何倍もうれしかったことを主人と話した。

あおとがどんなところにカブトムシがいるのかを図鑑で調べ上げ、紙に書いて持っていったのだが、まったく見つけることができなかった。

仕方ないから、一旦休憩しようとしたらクヌギでもコナラでもない木のところにいた!!

mie42 020a.jpg

逆さ向きで歩いているのを発見、あおとは特に感激していて、捕まえられたことが嬉しかったみたい。

それから数時間探し回って1匹捕まえることができた。

全部で2匹のオスカブトムシを喜んで、持って帰ってきた。

所のおじいちゃんに飼育方法を教えてもらって楽しんでいる子供達でした。

mie42 021a.jpg

帰ってきたら、大人はさすがにダウン...。

元気なのは子供たちばかりでした。


でも、私達が毎日見ている野とは別の田舎暮らしの素敵な風景を見られて、童心に返ることができてよかったです。

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/171

コメントする