夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ

もうすぐクリスマス

2011年12月12日 14:43 | コメント(0) | トラックバック(0)

冬将軍がせまってくる東北の田舎暮らしでは、冬支度が始まりました。

先日あおとが学校からこんなかわいいクリスマスリースを持ちかえってきた。

mie37 010a.jpg 

あおと:「ママにこれあげる~。」

み え:「これどうしたの?」

あおと:「図工の時間に作ったの。」

み え:「上手にできたね~。でも、何で作ったの?」

あおと:「夏休みにあさがおを育てたでしょ。枯れちゃったからそれを使って作ったの。」

 

確かによくみると、種の所が残っていたりしている。

先生達も「良く考えるなぁ」と感心していて、思いだした。

もうすぐクリスマス!

早速、土曜日にクリスマスツリーやら飾り物やらリースやらを押し入れから出してきて子供達と部屋の飾りつけを始めた。

大きなツリーにはあおととあやこが一生懸命吊るしている。私は、小さい玄関用のツリーに何かちょっとしたものを足したいと考えていると、2人の会話が耳に入ってきた。

 

 

mie37 014a.jpgあおと:「アメリカっていう国ではね、プレゼントをツリーの下に置くんだって。」

あやこ:「プレゼントいっぱいになる?」

あおと:「なるよ。みんなの分、置いてあるんだから。」

あやこ:「あやのプレゼントもある?」

あおと:「あるよ。」

あやこ:「やった~!」

 

 

mie37 015a.jpgあおとは学校の図書室が大好きで毎日行っていると担任の先生から聞いたことがあった。

きっと、そこでクリスマスの本を見たのだろう。

そこで思いついたのが、玄関用のクリスマスツリーに小さいプレゼントをいっぱい置いて飾ったら気分的に楽しいかもと・・・。


mie37 011a.jpg 

田舎暮らしで身についた知恵を使って、去年のあまっているクリスマス用の包み紙とリボン、それから何にも入っていない小さい小箱を集めて包んでみた。いかにもプレゼント!って感じがして楽しい。

5~6個作ってツリーの下に置いてみると、とってもいい感じ。

子供達には黙っておいて、いつ気がつくかと思っていたら、なんと翌日の朝には気がついていて「これは僕に来たプレゼントだよ。」とかってケンカになっていた・・・。

「全部飾りで、中身は何も入っていない」ということを伝えると、がっかりはしていたけど「外国のクリスマスっぽいね!」とあおとは大喜び。それにつられてあやこも大喜び。

ちょっとした工夫はやっぱり大事だなぁと思った。

 

 

mie37 013a.jpgさぁこれからクリスマスまでの約2週間、クリスマス関係の本をよんであげたり、クリスマスに食べるごちそうの本を見ながら話合ったりと楽しい時間にしなくちゃ。

子供たちにとっては、特別なクリスマスだから、いい日にしてあげたい。

この月だけは、アメリカンな田舎暮らしを演出してみるのもいいかもしれない。

 

 

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/162

コメントする