夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ

楽しい楽しい川遊び

2011年8月 1日 17:05 | コメント(0) | トラックバック(0)

東北で田舎暮らしをしている者にとって、今年の7月は寒いと感じています。

その上、ジメジメときているので除湿機が大活躍中なのだ。

そんな日々が続いていたのだが、金曜日にやっと晴れて暑くなった。

 

うれしくなってしまった私は、先に夏休みに入っているあおとと、幼稚園に行っているあやこを早退させて、近くの公園内にある川辺に遊びに連れて行った。

急いでかごにおやつや飲み物、びしょぬれになることを想定して、着替えを一式用意。そして、バスタオルと大きめごみ袋を持っていざ出発!

子供達は大喜びで、車の中でも歌ったりはしゃいだり(笑)

自宅から車で5分くらいのところにある遊具のない公園が昨年の冬にできていたのだ。そこには川や小さな滝なんかも作ってあって、「夏になったら行こう」と子供達と話をしていたところだ。

いくら田舎暮らしをしていても、近くの川は流れが早すぎて連れては行かれない。だから、流れの緩やかな公園の滝へ。

 

到着するやいなや、あおとは自分で荷物を持ち、あやこに帽子をかぶらせて手をつないでどんどん公園の中を進んでいく。

「お兄ちゃんになって、たくましくなってきたなぁ。」とつくづく思いながら後ろをついていくと、川辺の岩のところにバッタがぴょんと飛んできた。

mie28 041a.jpg 

大きな声でびっくりするあおと。

「バッタだ~。」と触ろうとするあやこ。

対照的で実におもしろい。2人を見ているとあきない。

 

み え:「どこでばちゃばちゃする?」

あおと:「滝のところまで行こうよ。」

あやこ:「滝のところで遊びたい!」

 

東屋の近くで遊ばせようと思っていたのに、高いところまで行くことに。

小さい丘の上にある滝を目指して、2人ともどんどん走って登っていく。つい最近まで小さかったのになぁと丘を登りながらしみじみしていたら、「ママ早く~。」とお呼びがかかってしまったので、私も急いで登った。

滝の近くにいい場所があったので私は準備をして、子供達2人は、さっさとサンダルのまま川に入っていった。でもすぐに、「冷たくて気持ちいい~」とサンダルを脱いでしまった。案の定、水のかけあいっこをしたり、滝のところで頭から水をかぶったりして2人ともびしょぬれに。

楽しくて仕方がないようだった。

こんな風に大胆に遊べるのが田舎暮らしのいいところかもしれない。

そんな2人がうるさかったのか、水からこんな生き物も岩の上にあがってきた。

mie28 043a.jpg 

げんごろうやアメンボなんかもいて、結構にぎやかだ。

 

夕方になってきても明るいせいか帰ろうとしない子供達。

「また明日、来ようよ。」とようやく川から上がらせて着替えさせるとぽつぽつ。

夕立が降ってきた。

急いで丘をおり、駐車場へ。

車に乗り込むと、「ママ、楽しかったね。今日はありがとう!」と2人に言われた。

mie28 042a.jpg 

よっぽど楽しかったみたい。

連れてきてよかったなぁ。

母親冥利に尽きるなぁ・・・。

そんなことを思いながら、家路についた。

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/154

コメントする