夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ
田舎暮らし - 住んで都 TOP > ならではの楽しみ > 採れたてブロッコリー

採れたてブロッコリー

2011年6月24日 14:17 | コメント(0) | トラックバック(0)

毎日がとてもいいお天気!

昼間は子供達もいないので、田舎暮らしの楽しみを毎日満喫している。

縫物をしたり、頂いた野菜や果物で作り物をしたりと。

本当にいい季節だ。

寒いとこんなふうに行動できないから。

 

最近は、村上さんのおばあちゃんからブロッコリーのお世話の仕方を教わっている。

といっても、私が勝手に押しかけているだけなのだけれど・・・。

春の初めごろに、おばあちゃんがブロッコリーの苗を植えたらしい。

私はブロッコリーの苗がその辺に売られているのを見たことがない。

どこで買ったのかを聞いてみると、「いちびで買った。」という。

田舎暮らしには欠かせないいちび、「なんでもあるなぁ」と、ついつい感心してしまった。

春の初めごろ(4月中ごろ)に植えるといっても、まだ寒い。

だから枯れてしまうのではないかと、心配していた。

ビニールで囲ったりしなくてもとても元気に育っている。

先日、おばあちゃんにどのくらい育ったのか見せてもらおうと訪ねたら、先客が。

なんと!おばあちゃんの妹さんで。

年の差10歳だという。

村上さんのおばあちゃんは82歳、おばあちゃんの妹さんは72歳。

どっちもおばあちゃんだけど、村上さんのおばあちゃんの方が若い。

見た目も行動も。

この日は、妹さんが村上さんのおばあちゃんの育てたブロッコリーをもらいに来たのだという。

 

mie23 002a.jpg 

一通りあいさつを済ませて、お話の仲間に入れてもらったのだけれど、ほとんど何の話をしているのかわからなかったけど、方言の独特な音がとても心地よくて、聞いているだけで、なんか安心できる音楽を聴いているような気分になってきた。

田舎暮らしを始めた頃はそんなふうに思ったりすることなんてなかったのに。

慣れて楽しくなってくると、こんなにも違うものなんだなぁと実感した。

 

おばあちゃん達の話を聞きながら、ブロッコリーを見ていたら、茎が太いのなんの。

mie23 001a.jpg 

ピーマンやなすならはさみで切れるけどブロッコリーはどうやって収穫するのかと思っていたら、村上さんのおばあちゃんの手のあたりがキラリ。

よく見ると包丁を持っている。

その視線に気がついたのか、おばあちゃんがブロッコリーを切ってくれた。

全部切ってしまわないで、食べる部分だけ包丁で切るんだね。

そうすると、また次が出てくるんだって。

今回のは2回目のブロッコリーみたい。

 

お礼を言って持って帰って早速ゆでてみた。

やっぱり、買ったものより早くゆであがるし、味もすっきりしている。

なんと言ってもその柔らかさは採れたてじゃないとね。

かためにゆでても食感がいいので、茎も細切りにして辛子マヨネーズ和えにすると目にもきれいだし、おいしいし。

写真を撮っておけばよかったなぁと後悔・・・。

 

今度、ブロッコリーをもらったら、絶対レシピと写真を載せられるようにしようっと。

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/152

コメントする