夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ

雨の日のシール遊びで

2010年9月24日 21:43 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

昨日は祭日で休みだったのに、大雨でどこにも行けなくて家の中でうじうじしていた子供達。

どうやって楽しませようかなと居間で考えていたら、台所に置いてある缶に気づいた。

この中には、もらったけどどうしようみたいな物を入れる所。

開けてみると、シールが結構たまっていた。

置き備の薬屋さんが置いていくおまけのシールだったり、お菓子についてくるシールだったり。

そうそう、昔自分が集めていたシールも出てきた。

せっかく集めたけど、子供達のたいくつには代えられない。

今日はシールで遊ばせよう。

そう決めて、子供部屋へ行った。

 

み え:「今日はシールべたべた貼りごっこをしよう!」

あおと:「え~、何それ?」

み え:「ジャジャ~ン。シールがこんなにあるので、紙に貼ったりベットに貼ったりして遊んでいいってこと。」

あおと:「ホント~、シール見せて~。」

あやこ:「あやも見せて~。」


田舎暮らしの鉄則(私が勝手に作ったものだが...)、ルールを作って楽しく遊ばせることが大事。 


こうして始まったシールべたべた貼りごっこ。

ルールは、シールはベットやおもちゃに貼ること。

壁やドアに貼ったら剥がせなくなるかもしれないから。

ここは借りてる家だし。

シールを渡すと、どんどん「これがいい」とか「これあやの!」とか声が聞こえてきて。

楽しそうだった。

これで安心して家事ができると思っていたら、あおとが「紙とえんぴつ貸して」と来た。

なんでも、渡したシールの中に食べ物のシールがあったみたいでお店屋さんごっこをするという。

すぐに持たせてあげると、またすぐ「はさみとテープ貸して」と来た。

「手を切らないようにね。」と渡すと、元気よく返事をして部屋に行ってしまった。

何をしているかのぞきに行きたかったけど、できたらいつも呼びに来るからそれまで我慢・・・。

あまり手を貸さず、工夫することを考えるのが大事。

もう少し大きくなると、田舎暮らしで役立つ知恵が生まれるようになるから。だから、危ないこと以外は、手をかさないようにして、見るだけにしている。

掃除も終わり、コーヒーでも飲もうかと台所にいたら、案の定呼びに来た。

 

あおと:「ママ~、お店屋さんするから、ママがお客さんね。絶対来てね。」

あやこ:「来てね~。」

み え:「はいはい、コーヒー入れてから行ってもいいですか?店長。

あおと:「大丈夫です!」

 

コーヒーを入れ居間のテーブルに置いてすぐ子供部屋へ。

部屋のドアをみてびっくり。

mie20 006a.jpg 

テープで店の地図やら、看板やらいっぱい貼ってある~!

シールも貼ってある。

なんじゃこりゃあ・・・。

やらかしてくれたな~。

 

あおと:「すごいでしょ、僕たちのお店。」

み え:「あおと、シール貼るのベッドとおもちゃだけって言わなかった?」

あおと:「言った・・・。」

mie20 008a.jpg 

あやこなんて目をきらきらさせてるし、すっごいがんばったでしょ感がですぎなんだもん。

あおとはシュンとしてるし。

私がもっとちゃんと言っておかなかったからいけなかったんだから、今を楽しもうっと。

mie20 007a.jpg 

み え:「今度から気をつけようね、あおと。今日はいいよ。」

あおと:「ごめんなさい。今度気をつける。」

み え:「あれ?お客さん来たよ。」

あおと:「そうだ、いらっしゃいませ~。」

あやこ:「いらっしゃいませ~。」

 

そうしてお店屋さんごっこが始まったけどさ。

これ、シール痕やテープ痕が残らないといいなぁ・・・。

でも、この目のキラキラが田舎暮らしを楽しむためにはとても大切。

 

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/149

コメントする