夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ
田舎暮らし - 住んで都 TOP > 気をつけなくちゃ > 子供の病気とその対応

子供の病気とその対応

2010年8月21日 13:02 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

あやこの手に水泡が・・・。

なんか水ぶくれっぽいのがたくさん。

あわててお腹やおしりなど皮膚の柔らかい所を見て触ってみる。

どうやら、手と足だけにできているようだ。

 

あやこ:「ママ~、お口の中が痛いよ~。」

み え:「あ~んして。」

 

見てみると、口の中にも口内炎のようなものが2個ほどできている。

 

mie7 024a.jpg 

「水ぼうそうか?」と思って熱を測ってみるが平熱。

とりあえず、早朝からやっているA市の小児科に受診することにした。

子供と一緒に田舎暮らしをするのに、必要になるかもと病院のことを時間があるごとに調べていおいたのが役に立った。

看護師さんに水泡があることを伝えると、"かくりの部屋"と呼ばれる伝染性の病気の可能性がある人達専用の待合室で待つように言われた。

「水ぼうそうか~、やっぱり。」困ったなぁなんて思っているこっちに関係なくあやこは元気におもちゃで遊んでいる。

すぐに呼ばれて診察室へ。

 

先 生:「ありゃ、手足口病だね。どっか保育園とかプールとか行った?」

み え:「はい、5日くらい前にプールの幼児体験コースに連れて行きまし

     た。」

 

mie7 023a.jpg 

先 生:「そっからうつってきた可能性大だね~。」

み え:「そうですか。」


田舎暮らしだから泳げないなんてこのとのないように、A市のスイミングスクールに行ったことが裏目に...。


先 生:「この病気はウイルス性のものだから、薬とかないのよ。だから、

     水分取って体を休めてね。口の中にも出来ているから食べる時い

     たがるから、無理して食べさせなくてもいいよ。でも、水分だけ

     はしっかりね。」

み え:「はい。」

 

手足口病だった。

いや~話には聞いていたけど、こんなものだったとは・・・。

今回はプールで手足口病か、この前は保育園の一時預かりで風邪&中耳炎、その前は検診で溶蓮菌・・・。

人というか、子供がたくさん集まる場所に連れていくと何かしら病気をもらってくるあやこ。

確かにあおともそうだったけど、あやこよりひどくなかった気がする。

子供が小さいうちは、人ごみに連れて行く時は気をつけなくちゃ。

やっぱり免疫の少ない子供は病気にかかってしまう。

これから、寒くなってインフルエンザの季節が来るし、うがい手洗いを徹底しないといけない。

それから、栄養のある食事とゆっくり休ませること。

子供は、よほどのことがないと昼間は昼寝以外寝ない、だからゆっくりできる環境作りが大切。

テレビやゲームではなく、本を読んであげたり紙芝居したり一緒にお絵かき。

スタンプごっこも楽しく遊べるけどゆっくりできるみたいな遊びがいい。

あとは水分補給、ポカリみたいに甘すぎない飲み物。

でも飲みやすいみたいな。

イチゴ水やゆず湯の冷ましたやつなんかが飲みやすくていいかも。

自分で簡単に作れるから冷蔵庫に常備しておくといい。

これだけすれば、病気も悪化しないで早く治るよね。

田舎暮らしをしていると、不安になることもある。

でも、親が慌てずに対応できることで、悪化させない。

 

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/105

コメントする