夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ
田舎暮らし - 住んで都 TOP > 「住んで都」にする > ちょっとした仕掛けで子供達を喜ばせる

ちょっとした仕掛けで子供達を喜ばせる

2010年6月30日 14:51 | コメント(0) | トラックバック(0)

 田舎暮らしは何でも楽しいものに変化させることができるから、とてもいい暮らしだと思う。


日曜日からなんか知らないけど暑かった。

梅雨も明けたと思う。(勝手な自己判断だけど(笑))

子供達なんて、ノースリーブでも暑くてダメだからと、あおとなんて上半身ハダカでいるし。田舎暮らしを始めてこんなに暑い夏は初めて。

庭でプールをしてあげたかったのに、だ~れかさんが穴を開けてしまったためにプールは出来ず・・・。

でも、プールも新しいものをと思っていた。

あおとが大きくなってきて、2人入ると狭いし立ったりしたらプールごとひっくり返りそうだと思っていたから。

だから主人が休みの日に買いに行こうと思っていたところだったので責めることはしなかったけど。

 

日曜日は子供達にとってパパと遊べないからちょっと憂鬱な曜日。

それだと淋しいから、今回のお昼ごはんは外で食べることにした。

バーベキュー用のテーブルといすをあおとに準備してもらって。

おはしや受け皿をあやこに運んでもらって。

私は、台所で野菜たっぷりの焼きそばを作ってテーブルに運んだ。

 

mie7 001a.jpg 

み え:「じゃ~ん、お昼ごはんのできあがり~。」

あおと:「ママ、ジュースも飲んでいい?」

み え:「お外でご飯だから今回だけ特別ね!」

あおと:「やった~。僕、オレンジジュースにする~。あやはどうする?」

あやこ:「あやは、りんごジュース。」

み え:「じゃあ、あおとが準備してね。」

あおと:「うん。コップも持ってくる。」

 

最近あおとは体も心も大きくなってきていて、何でもやりたがるし「これ何?」、「何でこうなの?」と毎日質問攻めにしてくれる。

不思議に思うことってすごく大切だと思うから、ひとつひとつ答えてあげてるけどこっちが疲れてきちゃうことしばしば・・・。

 

 

大もりに作った焼きそばは、3人で「夏になったら何をする」とか「パパがお休みになったら遊びに行きたい」とか楽しい夏休みの計画を話しながら食べたので、あっという間になくなってしまった。

青物の野菜嫌いだったあやこでさえ、「おいしい」と食べるようになった。

 

パパが仕事でも、田舎暮らしをしていても、ちょっとした仕掛けを用意してあげれば、楽しい楽しい休日に早変わりする。


 

お昼ごはん後は、自転車の練習。

あおとが補助輪付きの自転車を乗り回し、あやこがそれを追いかけまわす。

ただそれだけなんだけど、楽しいんだろうね。

兄弟っていいね。

本当に楽しそう。

でも、この暑さにはへとへと。

今晩も早いうちに寝てしまいそうな予感。

さあ今年も、夏がやってきたようです。

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/110

コメントする