夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ

春の探検ごっこ!

2010年4月10日 13:19 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

今日は朝からすごくいいお天気。

朝、カーテンからもれるまぶしい光に起こされて。

すっかりいい気持ちで目が覚めた。

まだ寝ている主人を残して、子供部屋へ。

でも、もう声がしている。

「おはよう。」

ドアを開けて声をかけたら、2人もパジャマを脱いで着替えをしていて、その上バスケットにタオルや袋を入れて、お菓子までも準備していた。

 

あおと:「ママ、おはよう。僕たちね、ピクニックに行く準備をしてるんだ

     よ!」

あやこ:「ママおはよう。ピクニックだよ。」

み え:「は?」

 

何を言っているのかわからず、飛びついてくる子供達にちゃんと話を聞いてみると、朝起きたら天気が良かったから、3人でピクニックに行くことに決めたという。

確かに今は春休みだから何をしてもいいのだけど・・・。

うれしかったのは、田舎暮らしで見つけた楽しみが子供たちにも根付いているということ。

 

あおと:「お弁当はママがつくってね。」

あやこ:「つくってね。」

あおと:「ウインナー入れてね!」

あやこ:「あやはタマゴ!」

 

抱きついて来て言いたいことをどんどん言ってくる2人。

早く起きて2人で楽しいお話をしたんだな~ということはわかったけど、いきなりピクニックっていうのもなぁ。

 

み え:「よし、わかった。じゃあ、まずパパを起こしてきてね。」

 

子供達が主人を起こしている間に台所へ。

冷蔵庫には玉子はあるけど、ウインナーがない。

いちいちお弁当というのもなぁ。

朝ごはんの支度と主人のお弁当を作りながら考えた。

 

主人を送り出したあと、2人を呼んで話をした。

 

み え:「今日はさ、ピクニックじゃなくて探検に行かない?」

あおと:「え~、探検って何するの?」

み え:「春を探す探検だよ。いっぱい春を見つけられたらごほうびあげるか

     らね。」

あやこ:「やった~。ごほうび!」

み え:「ピクニックは、パパがお休みの時にしよう。パパも連れて行ってあ

     げないとかわいそうでしょう。」

あおと:「うん、そうする。」

 

ジャンパーを着せ、ラムネやあめなんかをポケットに入れてさあ出発。

外に出ると、まだ風が冷たく感じる。

それでも2人は手をつないで、探検ごっこをやる気満々!

 

mie12 001a.jpg 

どこへ行くわけでもないのだけれど、いつもの散歩のコースを逆に回ってみることに。

そうすれば、見える景色も違うからちょっとは新鮮に感じるかなと思って。

歩き始めてすぐに2人とも「これ何?」と聞いてくる。

 

mie12 002a.jpg 

畑に植えっぱなしになっているねぎだったり、小さく咲く花の名前だったりとあるものあるもの不思議なんだろうなぁと思いながら、私も楽しめた。

時々子供達の口の中に持ってきたお菓子を入れてあげたりしながら、春の空気や子供達の発見の多さに驚いたりしていつもの散歩道を探検した。

きっと、田舎暮らしを始めた頃の私と同じ気分なのだろう。

 

 

mie12 004a.jpg 

2人には、もちろんごほうびをあげました。

今回のごほうびは、デザート付きのオムライスです!

田舎暮らしは、工夫次第でどんどん楽しくなるものですね。

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/118

コメントする