夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ
田舎暮らし - 住んで都 TOP > ならではの楽しみ > 幼稚園で郷土料理を作る

幼稚園で郷土料理を作る

2009年11月12日 16:10 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

今日はあおとが通っている幼稚園でのお料理教室がある日だ。

親子で楽しめる行事の1つで毎年楽しみにしている。

今年は、「郷土料理を作ろう」がテーマだった。

献立は3つ。

mie21 050a.jpg

 

・ほたてのおこわ

・ひっつみ汁

・リンゴとチーズの春巻き

 

先生がレシピを配ってくれるので、そこから作ってみたい物を選ぶのだが、作る物によって人数が決まっているので、希望の所に入れないこともあるのだが、今年はうまく入れた。

あおとがやりたがった「リンゴとチーズの春巻き」だ。

あおとの大好物のリンゴを使う料理だから、絶対これ!っていうだろうと思っていたら案の定だった(笑)

 

作り方はいたって簡単!

細長く切ったリンゴをカラメル色になるまで煮詰めた蜂蜜の中に入れてシナモンと一緒に混ぜ合わせてから冷ます。

リンゴを冷ましているうちにリンゴジュースとシナモンパウダーを温めて、水溶き片栗粉を入れてとろみをつける。(ソースの完成!)

冷ましたリンゴと切ったチーズを春巻きの皮で巻いて、きつね色になるまで焼く。

焼けたらお皿に取り、上に切ったチーズを乗せて、さらにとろみをつけておいたリンゴソースを上からかければ完成。

なのだが、子供と一緒に作るので時間は倍以上かかる。

 

mie21 017a.jpg


「チーズ切りにくいなぁ。」と包丁を持つ手が危うい子や、切っているリンゴを食べちゃう子、手が汚れるとエプロンではなくスモックで手をふく子がいたりと、料理よりそっちを見ている方が楽しくなってしまう。

mie21 015a.jpg

 

 

あおともそうだけど、他の物を作っている班が気になるとそっちへ行ってしまう子も。

ひっつみ汁のひっつみを作りたがってそっちに行ってしまったりね。

私は「ひっつみ」って何かわからなかったから、作っている班の行動をチラ見してた。

どうやら「すいとん」のようなものみたい。

長いもをゆでて、つぶして、そこに片栗粉と小麦粉を入れてよくこね、まるめて作っていた。色はすいとんよりもなまめかしい白で。

この辺では、長芋を入れるのが普通とか。

おいしく作る秘密を田舎暮らしの人はよくわかっている。

mie21 032a.jpg

 

試食が楽しみだ!

その時、ほたておこわを作っている班から声が。

どうやら水が多すぎてちょっとべちょっとしちゃったらしい。

ガス釜でたいたんだって。

mie21 054a.jpg

 

そりゃあやり方を知らないとそうなっちゃうよね。

私だってガス釜、今日初めてみたし。

でも、楽しいよね。田舎暮らしをしていなきゃ、昔ながらの機械に会うこともなかったんだから。

なんて、他の班の所に行っていたら、うちの班でもトラブルが!

「フライパンで焼く」って書いてあるのに、油であげちゃったりしてて。

お母さんの1人が「どうしよう・・・。」って。

mie21 048a.jpg

 

でもね、1人のお母さんが「大丈夫。揚げても皮は、ぱりってなるし残ったのを焼きましょう。ドンマイドンマイ。」ってすごく軽い感じでフォローしてくれてた。

そういうのってすごくいいなぁって思っちゃった。

やっぱりベテランお母さんってすごいよね、ポジティブに切り替えちゃうんだもん。

そのお母さんのおかげで、場は明るくなったし。

 

作ったものを盛り付けて、教室でみんなで「いただきます!」

失敗しちゃったっていうおこわは確かに柔らかかったけど、味はすごくおいしい。

ひっつみ汁は、汁の味はしょうゆ味なんだけど、ひっつみがもちもちの感触で、葛を食べているような感じ、すごくおいしい。

mie21 055a.jpg

 

今晩、作って主人に食べさせたい!と思ってしまうほど、もちもち感にハマりました~!

私達が作った春巻きも良くできてた!

私が食べたのは焼いた方だったんだけど、外はパリッ中はリンゴと蜂蜜の絶妙な甘さとシナモンのほのかな香りがマッチしておやつっていうか、田舎暮らしをする人は、おやつにも手を加えてすごく工夫しているのがわかる、スイーツって感じでおいしかった。

あの味は、お腹がいっぱいでもいくつでも食べられるよ、きっと。

それくらいおいしかったから、お休みの日にまた作ってあげよう。

今回の料理教室のレシピを調べてきてくれた先生に感謝!

こんな機会でもなかったら、郷土料理を作るなんてできないからね。

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/143

コメントする