夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ

初めてのいち日

2009年3月25日 17:09 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

この町には、月に2度ほど「いち日」と呼ばれる日がある。

この町には海がない。

そこで海産物などを売りに来る人達や衣類を売りに来る人達がこの町に来ては商いをしていたらしい。

村上さんのおばあちゃんの話だとかなり前からそういう習慣があったようだ。

その名残なのか、今でも毎月5日と25日は物を売りに来る人と買う町の人でにぎわうと聞いていたので、田舎暮らし当初から一度見に行きたいとずっと思っていた。

でも、なかなか見に行かれずにいた。

日にちを忘れていたり、子供達が体調を崩していたりと何かかにかいろいろあったりするので。

 

でも「今日こそは」と思い、村上さんのおばあちゃんから聞いていた場所に行ってみることにした。

mie18 001a.jpg

 

商店街の一番はずれにある駐車場兼空き地みたいなところに簡易のテントっぽいものを建てて何件か店が出ていた。

のぞいてみると、やはり海産物が多い。

その他にお花や野菜、衣類や小物なんかを売っていた。

でも、人はまばら・・・。

カレイの干物を売っていたのでそれを買い、店の人に聞いてみた。

 

み え:「人が少ないですね、風が強いせいかな?」

店の人:「午後だからね。朝来ると賑わってるよ。」

み え:「そうなんですか、8時くらいですか?」

店の人:「それじゃ遅いよ。6時だよ。」

み え:「え~、そんな早くからやってるんですか!」

店の人:「夏場だと5時くらいからやってるよ。」

み え:「早いですね~。」

店の人:「早く来ると、もっといい物もあるから、来月は早い時間においで

          ね。」

み え:「そうします。どうも~。」

 

朝早くからやってるんだ。

知らなかった、どおりで品薄だな~と思った。

帰ろうとしていたら、野菜を売っているお店の前でのやりとりが耳に入ってきた。

 

mie18 002a.jpg
どうやらおばあちゃんが、「まけてちょうだい。」と言っているようだ。

値段交渉までして楽しんでいるなんて、まるでフリーマーケットにでも来たかのよう。

こうやって田舎暮らしをしているみんなが、昔から売る人も買う人も楽しんでいたんだと思ったら、「いい街だな~。」ってつくづく感じた。

mie18 003a.jpg

 

今はスーパーがあったりしてとても便利だし、何でも売っている。

だから不便はないのだけれど、こういう市がたったりして買い物と会話を楽しむところはずーっと続いていくといいなぁ。

田舎暮らしの憧れだよね。

買ってきたカレイは今晩の夕飯のおかずにしよう。

そう思いながら、子供達と楽しく帰ってきた。

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/135

コメントする