夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ
田舎暮らし - 住んで都 TOP > 「住んで都」にする > いいことずくめのスープ

いいことずくめのスープ

2009年2月18日 16:57 | コメント(0) | トラックバック(0)

田舎暮らしの冬はつらい。 

春が恋しくて仕方のない2月・・・。

もう寒くて寒くて、春が待ち遠しい。

毎年2~3月は、なぜだかわからないけど冷え症が一段と増す。

靴下をはいて、レッグウォーマーをしていても寒い。

もちろんもこもこスリッパを履いているのだが、それでも足元が冷えて困ります(苦笑)

田舎暮らしの主婦の仕事である雪かきをしても、足元は温まらないので、ヤバイです。


そんな冷え性がつらい私にぴったりのスープをこんな時に作ることにしている。

冷蔵庫にあまり野菜が出てきた時や中途半端にあまっている野菜たちを見つけるとすぐに作る。

あまり野菜たちも残さず食べきれるし、冷え性にもいい。

そして、子供たちにも大人気のスープ!

 

作り方は本当にカンタン。

冷蔵庫の中にある、「ちょっとこれ、中途半端にあまってない?」的な野菜や、お肉やチーズ、おとうふなどを使って作るスープ。

味はその時にあまっているものによって変わるんだけど、トマト味だったり、コンソメだったり、味噌味だったり、カレー味だったりという具合に。

今回あまっていたものたちは。

mie20 019a.jpg

にんじん・キャベツ・しめじ・大根・ベーコン・ミズ菜・こんにゃく。

これらを早く火が通るようにするために、細かくする。

みじん切りまでいかない程度に。

ぶくぶくしている鍋の中へ投入。

ここで忘れちゃいけないのが、しょうが。

チューブの物じゃなくて、本物のしょうが。

これはみじん切りにして鍋の中に入れる。

どんな味のスープを作るにしろ、必ず入れるのが生のしょうが。

体を温めてくれる効果があると聞いて以来、必ず入れている。

mie20 020a.jpg

 

今回はベーコンを使うので、コンソメ味に決定。

具材が煮えたら、塩コショウとコンソメと醤油を少々。

味見をしながら、味をととのえて出来上がり。

私はだいたいお昼に作って、自分もお昼ごはんに食べて、あとは晩ご飯にも出す。

晩ご飯に出すと、たいていすっかなくなってしまうんだけどね・・・。

お昼ごはんで食べる時は、こんな感じ↓

mie20 021a.jpg

 

ご飯とスープだけ。

具だくさんだからかなり満腹になる。

週に1回は作ってるかも。

都会にいたころは、コンビニで買っていたスープ類。

でも田舎暮らしが私を変えたみたい。

必ず、ちょっとだけあまる野菜って出てくるから。

スープにすれば体も温まるし、野菜を腐らしてしまうこともないし、余計なごみも出ない。

おまけに冷え性にいいので、本当に助かっている。

それに、子供達もおかげで野菜をしっかり食べてくれるので、風邪もひきにくい体になっている。

まさに、いいことずくめのスープ!

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/145

コメントする