夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ

苗を植えよう

2006年5月12日 19:56 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

先日、ホームセンターで主人とあおとと苗を買ってきたのに、翌日からの雨続きで庭の畑がぐちゃぐちゃ。

苗を買ってきていたのに、植えられなくて玄関に置きっぱなしになっている。

今日は、久しぶりの晴れで気持ちがいい。

昨日の午後から雨は上がっていたけど、なにせ土がぐちゃぐちゃで植えられなかった。

今日は、朝から本当にいい天気。

快晴です!

田舎暮らしをする時から楽しみにしていた、自分でやる畑仕事!!

土も乾いてきたので、あおとにはどろんこ遊びをさせながら、私は横で苗を植えよう。

 

買ってきた苗は、プチトマト、ピーマン、なす、ジャガイモ、いちごの5種類。

でも、そんなに広いわけではないので、どの苗も2本ずつ買ってきました。

今回買った苗は、ぜんぜん難しそうな苗じゃないので、収穫がばっちりできそうだったから。

それに村上さんのおばあちゃんに聞いて決めたというのもある。

 

 

mie1 030a.jpg

 

本当は、今年は町でやっている農園キャンパスでやり方を学ぼうと思っていた。

でも、その前日からあおとが風邪ひいて鼻水垂らしていたのと、私自身もだるかったり胃がむかむかしたりしていて体調が悪く2人して寝ていたため参加できなかったのだ。

それに、よく考えたらお隣さんは農家じゃない、村上さんのおばあちゃんにお話を聞こうと思って、体調が良くなってからお菓子を持って隣のお庭を覗いた。

 

み え:「おばあちゃん、こんにちは。」

村上婆:「こんにちは。お~あおと大きくなったなぁ。」

み え:「おばあちゃんに教えてほしい事があって。おじゃましてもいいです

     か?」

村上婆:「おいでおいで。何を知りたいんじゃ?」

み え:「庭に家庭菜園を作りたいの。でも何を植えたらいいかとかどういう

     風にすればいいかわからなくて。」

村上婆:「そうかそうか。ババが教えてやる。あおとおいで~。」

あおと:「ばば~。」

 

村上さんのおばあちゃんは、丁寧に何でも教えてくれた。

この辺の土はこういうのを植えるといいとか、あおとがいるから世話があまりたいへんじゃないものがいいとか、種より苗の方が楽に育てられるとか、肥料のことだとか詳しく教えてくれた。

田舎暮らしをしていると、本を読んだりするよりも、実践できるからすごく勉強になる。

でも、半分くらい方言だからなんのことかわからないこともあって、その都度「こういうこと?」って聞き返したりもしたけど・・・。

話を聞いている最中から、また具合が悪くなってきた。

熱心に話してくれているから具合が悪いとも何とも言えず、がんばって話を聞いた。

 

村上婆:「どうした?気分でも悪いか?」

み え:「うん、でも大丈夫。」

村上婆:「あおとは私が見ててやるから、家で少し休んでいた方がいいぞ。」

み え:「うん、おばあちゃんごめんね。」

 

なんてこともあり、おばあちゃんには迷惑をかけてしまった。

でも、今日はもう大丈夫。

あおとと外に出て、遊んでくれている間にうねを作って苗を植えていった。

全部植え終わってふと顔を上げると、あ~~~!

 

み え:「あおとだめ~。」

 

最初に植えたプチトマトが~。

あおとの餌食に。

引っこ抜いて振ってるし~。

 

み え:「あおと、これあげるからそれちょうだい。」

あおと:「はい。」

 

無理やり取ってしまうと、あおとも嫌な気分になるし、苗もだめになってしまうので、"何かと交換こ"(1歳半検診の時に保健婦さんから教えてもらった方法)であおとのお気に入りおもちゃと苗を交換して無事に植え直したのでした。

おいしい野菜ができるといいなぁ。

ぽかぽか陽気の中、田舎暮らしができることを心から嬉しく思っていた。

 

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/86

コメントする