夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ

大きい冷凍庫

2005年9月24日 16:04 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

田舎暮らしを始めてから、近所の人からのもらいものが多い。

例えば、キャベツや大根などの野菜やきのこ(近所は農業をしている人達だから)。

それから、お彼岸近くなると手作りのお団子やおはぎ。

町内会の集まりなどに出ると、持ち寄ったご飯類の余ったものなんかをみんなで分けて持ち帰ったりもする。

そうすると、どうしても小さい冷蔵庫ではすぐにパンパンになってしまう。

ましてや、家庭菜園で作った野菜もあるので、保存に困ること多々ある。

そんな時に大活躍なのが「大きい冷凍庫」!

 

冷蔵部分がなく、扉式の冷凍庫が本当に役に立つ。

でも、このタイプの冷凍庫に出会うまでかなり電気屋さんを探しまわった。

深型の冷凍庫だと下になってしまったものを取りだすのが困難なので、どうしようかと迷っていたら、普通の冷蔵庫みたいな形の冷凍庫を見つけた。

これなら、どんなに入れても下に入れたものがわからなくなったり、迷子になることもない。

それでこれを即購入。

 

野菜は、下ごしらえできるものは下ごしらえをしてから、ジブロックに入れて冷凍。

そのまま冷凍できる野菜は、使いやすいように切ってからジブロックに入れて冷凍。

お団子などは、1個ずつラップでくるんでからジブロックに入れて冷凍。

お惣菜なんかは、しっかりふたの出来るパックに入れて冷凍。

たくさん作ったソースやタレもパックに入れて冷凍。


 

 

mie3 011a.jpg

 

そうすることで、どこに何があるかもわかるし、使い勝手もいい。

調理もしやすいし、かたづけも簡単!

お惣菜は、早めに出しておいて自然解凍すればおいしく食べられるので、本当に大助かり。

主にお昼ご飯などに活用してます(笑)

でもこんなこと、田舎暮らしをしなかったら私はやらなかったかもしれない。

 

 

 

mie3 012a.jpg

 

出産するために入院した時は、主人もわかりやすいように冷凍庫の扉にメモをしておいたので、朝出して行って帰ってから自然解凍になったものをレンジで温めて食べたって言っていた。

 

み え:「ねえ、ここに冷凍してあるごはんやおかずを帰ってきてすぐに食べ

          られるようにする方法を書いたから、やってみてね。」

かずや:「いいよ、外食にしてもいいんだから無理しないで。」

み え:「だって、もう作っちゃったから。外食だけだと栄養も偏るしね。」

かずや:「いろいろ考えてくれてありがとう!そんでどうやるの?」

み え:「だから、ここを見てって。何種類か作ってあるから、その日の朝に

          出しておいてね。帰ってきたら、すぐ食べられるから。」

かずや:「どれどれ。すごい!ハンバーグにハヤシライス、シチューに餃子、

          鳥の照り焼き、野菜炒めにひじきの煮物ってすごいじゃん。」

 

こんなに喜んでもらえると思っていなかったので、本当にうれしかった。

退院してきたら、すっかりなくなっていてそれもうれしかったし・・・。

だから、大きい冷凍庫は本当に大助かりでこちらに暮らす人にとっては、絶対にあった方がいい。

自分にあったものならば、長く使えるし、田舎暮らしをするなら本当に便利。

 

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/80

コメントする