夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ

春が来る前に

2005年3月28日 21:40 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

最近気づいた、雪と春が来る直前のこと。

 

3月って、ほとんど雪が降らない。

もちろんちらほらは降るけど、大雪はほとんどない。

おひさまがあたって毎日ぽかぽかと北風のひゅーが繰り返しだったり、同じ日に来たりしている。

でも、私は最近になって気がついた。

 

本格的な「春」が来る前に、どかっと大雪が降るということを!

昨年とかは、「何で今の時期に~。」なんて思っていたけど、村上さんのおばあちゃんが言っていた「べちょべちょ雪が降らないと春は来ない。」の意味がようやくわかった。

田舎暮らしをしたからこそわかったこと。

 

 

mie3 002a.jpg

 

み え:「ぽかぽかしていい気持ちだね。」

村上婆:「そうだな、でもまだ春じゃないからな~。」

み え:「え~、だってフキノトウだって出てきているのに?」

村上婆:「フキノトウが出ても福寿草が咲いてもな、最後にべちょべちょ雪が

          らないと春はまだ来ないんだよ。」

み え:「べちょべちょ雪って何?」

村上婆:「ほら、3月の終わりごろになると降る水分を多く含んだ雪のことだ

          よ。雪靴じゃなくて長靴を履かないとしみてダメなんだ。そういう

          雪がこれから降るんだよ。」

み え:「そうなんだ。ただ雪としか見てなかったから気がつかなかった。今

          年はまだ降っていないんでしょう。観察してみる。」

村上婆:「そうだ、観察してみるといいよ。都会とは違うからおもしろい

          ぞ。」

 

村上さんの家を出て、家に入ろうとした時本当に暖かくてもう春だな~って感じた。

あおともジャンパーの中は、春物を着せていたし。

つくしも出てきそうな暖かさなのに。

でも、まだ春じゃないなんて・・・。

とにかく、村上さんのおばあちゃんが言っていた。"べちょべちょ雪"を待ってみよう。

都市に住んでいるときは、勝手に春になる感じだったけど、田舎で暮らすと春の訪れが感覚でわかるようになるみたい。

 

その週末から急に寒くなり出した。

北風は吹きまくってるし、小雪はちらついてるし。

あおとも洋服を冬物にして、暖かくした。

その数日後にボタン雪でもないみぞれでもない雪が降り、積もった。

踏んでみると、サクっといかない。

べちょって感じで、まるでかき氷が溶けだしている途中みたいな感じだった。

「これがべちょべちょ雪か~。」本当にべちょべちょしてる。

 

 

mie6 012a.jpg

 

こんなに水分が多いなら、村上さんのおばあちゃんが言っていた通り長靴が必要だ。

本当にべちょべちょ・・・。

私は歩き方が下手だから、後ろに雪が跳ねる。

だから、ジーンズのすそが濡れてしまって。

その上、水分を多く含んでいるから雪かきしても重たい・・・。

 

でも、こういうのっておもしろい!

同じ田舎暮らしでも住む地域が違うだけで、こんなにも春の訪れ方に違いがあるということが本当におもしろい!

このべちゃべちゃ雪が溶けたら、春がやってくる。

あおとと楽しく散歩ができるなぁ。

楽しみ!

 

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/108

コメントする