夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ

いろいろな知識

2004年5月22日 14:24 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

mie9 002a.jpg

 

田舎で暮らしていると、いろいろな知識が必要だと思う。

山に探検に行くにしても、山のことや山菜、危ない所なんかの知識が必要だし。

さまざまな料理をするにしても、冷凍保存の方法やタレなんかの作り方、冷蔵庫にあるものだけで食事を作るための知識が必要。

何をするにもさまざまな知識が必要になってくる。

だからこそ、知識を増やすことが大事なのではないかと思う。

机に向かってこちゃこちゃ勉強をするのではなくて、知っている人から教えてもらうという方法をとれば、どんどん頭に入っていく。

 

こちらに住み始めて、初めての山菜取りに行くために講習会に申し込んでいた。

教室みたいなところで、資料を見ながらやるのかと思っていたら、実際に林に行っての講習会だった。

 

先 生:「いいですか。この木をよく見て下さい。とげとげが付いている方が

     タラの芽ですよ。とげとげがついていない方は、ウルシですから

     ね。触らないように気をつけてくださいね。」

受講生:「は~い。」

先 生:「いいですか、新芽の所を取るだけにして、木は折らないように。そ

     うすると、次また出てきますからね。」

受講生:「先生、この葉っぱはなんですか?」

先 生:「どれどれ。あ~これはハナイカダと言って、葉の上に花をつけるの

     が特徴です。これは、さっとゆでておひたしにすると食べられます

     よ。」

 

こんな感じで、先生にいろいろ質問したり教えてもらったりして、本当に勉強になった。

その時得た知識は、今でも(毎年山菜とりの季節になると)役に立っている。

 

山菜の知識だけではない。

私自身、何もわからないまま田舎暮らしを始めた時、町内会のことを教えてくれたのは、町内会長さんだった。

「ごみの場所はここだよ。朝8時までには出してくださいね。」とか、「回覧板の回し方」や行事があるごとにいろいろ教えて頂ける。

 

mie7 014a.jpg

 

だから私は人に聞いて何でも吸収してきた。

子供のことや還付金など子供の手続きは、保健婦さんや保育士さんに。

お料理のことは、町内でお料理が上手な人や図書館に行って本を読んだり。

家庭菜園のことは、ホームセンターの人やお隣のおばあちゃんに。

いろんな人がいろんな知識を持っていて、それを惜しげもなく披露してくれる。

それってとてもありがたいことで、とてもすごいことだということ。

だからこれらを大事にしていきたいし、これからも知識を増やしていきたいと思う。

田舎に暮らすならいろいろな知識が必要で、しかもみんなから教えてもらえるから知識も増えるし、みんなと楽しく仲良くなれるのでオススメ!

                                                                           

 

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/57

コメントする