夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ
田舎暮らし - 住んで都 TOP > 気をつけなくちゃ > 勝手に空き地で商売?

勝手に空き地で商売?

2004年4月20日 14:03 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

このあたりには、空き地がある。

それだけではない。

持主はいるけど、今は使われていない小屋(農機具とかを置く所)など。

そこを勝手に利用する人達がいるという。

 

 

mie6 008a.jpg

 

最初は子供達(小学生とか)が、秘密基地にでもして遊んでいるから困るという話かなと思ったのだが、まったく違った。

 

今月、田舎暮らしを始めて、初めての町内会の集まりで公民館に行った時のこと。

空き地や今は使われていない小屋を断りもなく勝手に利用して、何か物を配っているという。

"物"というのは、小さい鉢に入っている花や干支の置物類だというのだが、問題はここからだ。

その物を「もらったという証明が必要だから」と配っていた人達に言われて、住所と名前を書かされるらしいのである。

後日物を配っていた人たちが書いてもらった住所に来て、高い品物(ふとんとか、壺とか)を言葉巧みに売りつけるというのだ。

相手はお年寄りばかりだったようだ。

しかも使われた小屋の1つが町内会長さんの小屋で、発見したのも町内会長さんだというから驚きだ。

2日前に物を配っている所を偶然見つけて、警察に通報したらしい。

それで、今日の議題にこのことがあがることになった。

 

会 長:「先日、こういうことがあり警察に来てもらわなければならないとい

     うことがありました。これからはですね、警察の方と私の方で町内

     をしばらく巡回することにしました。もし、不審な人達を見かけた

     り、自宅に物を売りに来た場合は、すぐに警察に通報するようにし

     てください。」

町 民:「・・・。」

会 長:「今回被害にあったかもしれないという方は残ってください。あとの

     方は今回はこれで終わります。」

 

今回はこの話のみで解散。

被害にあわれた方は残って、クーリングオフができるのかなど話合うようだ。

派出所のお巡りさんと、町で唯一の行政書士さんも来ていた。

こんな田舎暮らしをする中でも詐欺は起こるのかと思うと、なんとなくどんよりな気持ちになった。

公民館を出る時、振り返ってみたら、残っていた方は、お年寄りばかり。

お年寄りは大切にしなくちゃいけないのに、こんなひどいことをよく平気でできるものだと頭にきた。

今回のことで勉強になったのは、怪しいものには近づかないということ。

変だと思ったら、すぐに警察に連絡すること。

田舎で暮らしていても、悪い人は来るということ。

 

あとで聞いた話だけど、買ってしまった人達はみんな無事クーリングオフできたようだ。

町内会長さんの早い行動がよかったみたいだ。

本当にしっかりしていて行動力があって、頼りになるなぁと感心してしまった。

 

 

 

mie6 007a.jpg

 


管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/53

コメントする