夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ

初めての町内会

2004年1月29日 19:57 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

先日、主人が勝手にOKしてきた午前中に町内会長さんが来るという。

来て下さるのはとてもありがたい事なのだけど、時間があいまい。

「午前中のうちに・・・。」って。

もっと何時とかって決め方があるだろうに・・・と思ってしまう。

主人は、こういうあいまいさが気に入っているらしく、"田舎時間"と勝手に名付けてそう呼んでいる。

私は、いまいち落ち着かない。

だって、時間を有効に使いたいじゃない。

普通はそうでしょう、私だけがこんな考え方なのかな?

田舎暮らしをするのだから慣れなきゃいけないのかも...。

そんなこんなを考えながら、朝食の後片付けをしていたら、ピンポーン。

まさか!今来たの?

だって、今8時になったばかりだよ!

メイクも何もしてない。

とりあえず、手を拭いて玄関に出た。

 

 

mie8 035a.jpg

 

み え:「は~い。どちらさまですか?」

会 長:「町内会長の佐々木です。」
み え:「お待ちください。」

 

「マジ!」と思いつつ、主人も呼んで中へ迎え入れた。

 

かずや:「初めまして。よろしくお願いします。」

会 長:「こちらこそ、よろしくお願いします。田舎で暮らすのが初めてと

     聞きましたが...。え~っとこちらの用紙に記入してくださいね。」

み え:「すいません、お聞きしたいのですが、町内会ってなんでしょうか?

     私達初めて入るので、どういった会なのかを知っておきたくて。」

会 長:「町内会ってね、自治組織にあたるものなんですけどね、この町内み

     んなで暮らしを良くしよう、町内で社会に貢献しようというために

     ある会なんです。」

み え:「そうなんですね。何か行事とかあるのでしょうか?」

会 長:「ありますよ。例えば、町内の掃除とかごみ拾いとかお祭りに参加し

     たりとかね。」

かずや:「いろいろあるんですね。」

み え:「そういうのは、何で知るんですか?」

会 長:「回覧板を回しますよ。B町の広報誌とか、掃除のお知らせとかいろ

     いろね。自分の家の分を取ったら、次のうちへ回してください。こ

     ちらは最後なので、私のうちへ届けてくださればいいですよ。」

み え:「わかりました。あの~、会長さんのおうちは?」

会 長:「温泉が近くにあるのはご存知ですか?」

かずや:「昨日行きました。近くていいとこですよね。」

会 長:「もう行かれましたか、その隣ですからすぐにわかると思います。」

み え:「はい、わかりました。」

会 長:「ごみは、私のうちの向かいに大きなごみを入れる扉付きの収集箱が

     ありますから、このごみカレンダーに沿って捨てて下さいね。」

み え:「はい、わかりました。」

かずや:「これ、書きました。」

会 長:「お二人で住んでいらっしゃるのですね。」

かずや:「はい。」

会 長:「それじゃあ、会費ですけど、1世帯年間1万円です。」

かずや:「会費がかかるんですね。」

会 長:「そうですよ。掃除道具の購入や、公民館がありますから、そこの電

     気代にも使われます。」

み え:「はい、じゃあこれ。」

会 長:「はいどうも。これ領収書です。これからよろしくお願いしますね。」

かずや:「こちらこそよろしくお願いいたします。」

 

mie8 017a.jpg

 

そうあいさつをして、会長さんは帰っていった。

年間1万円って高いなぁと思ったけど、「この町内を良くするために」って会長さんが言ってた言葉が妙に感じ良くて、田舎暮らしのいいところのような気持ちになり、私も貢献しようと思った。

 

でも、朝8時は早いでしょ~(笑)

 

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/42

コメントする