夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ
田舎暮らし - 住んで都 TOP > とうとうやって来ました > 荷物を減らしてきて正解!

荷物を減らしてきて正解!

2004年1月27日 19:46 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

田舎暮らし2日目。

荷物が届き、大きいものを運んでもらうことにした。

ベッドは寝室に、食器棚は、キッチンに。

私は台所方面を先にすることにした。

 

み え:「すいません、冷蔵庫はここにお願いします。」

業 者:「はい、わかりました。」

 

台所はちょっと古い感じの台所で、田舎暮らしっぽい。

「よく公民館なんかにある台所って感じ。」が第一印象。

システムキッチンなんか夢のまた夢かも・・・。

でも、きちんと整理して物を置けば、いくらでも良くなる!

そう思ってここに決めたんだから。

やる気を起こして、運んでもらう前に床を拭いた。

 

業 者:「奥さん、食器棚はどこに置きますか?」

み え:「こっちにお願いします。」

 

食器棚を置いてもらい、「食器」と書かれた箱からどんどん食器を出してしまう。

流しの下の扉の中には、ざるやボール、包丁なんかを入れた。

お鍋やフライパンは、流しの隣のコンロの下にしまうことにした。

引き出しの中に箸やスプーンなんかを仕切りケースごと入れ、台所は終わり。

 

 

mie8 034a.jpg
 

寝室には、ベッドと"衣類"と書かれたダンボール箱とタンスがもう運びこまれていた。

ここは後でもいいと思い、先に居間へ。

ここには、テレビとオーディオ関係、本棚と本。

主人と業者の人で運んでいた。

 

洗濯機や"お風呂関係"と書かれたダンボール箱は、洗面所に運んであった。

家の中を一通りまわってみると、ほとんどの荷物が運び終わっているではないか。

やっぱり、荷物を減らしてきてよかった。

ごちゃごちゃしていたら、いつまでたっても片付かないしイライラの素になる。

私は、自分の出来る所からどんどんやっていこうと思っていた。

 

業 者:「これで、荷物は全部です。」

かずや:「そうですか、ありがとうございました。」

み え:「助かりました。」

 

3時間くらいで運び終わり、主要な大きいものの移動もきちんとできていた。

仕事も早いし、丁寧。

「さすが引越しのプロは違う。」なんて思いながら、次はどこを片付けようかと見て回った。

引越し業者さんが帰ったので、2人でそれぞれ作業しようということになり、主人はテレビの配線やオーディオ関係の接続を。

私は、お風呂や洗面所の整理し始めた。

 

mie8 037a.jpg

 

洗濯機の上に備え付けの棚があったので、そこにタオルやらバスタオルやらをかごに詰めたりしてどんどん片付けていく。

お風呂は、普通のユニットバスで色はピンク。

そこも洗剤をつけて洗い、小物類なんかを置いてここは終了。

 

いらなくなったダンボールを開いてまとめてから、主人の様子を見に行った。

まだまだ苦戦している様子。

声をかけずに、寝室の片付けに取りかかった。

 

田舎暮らしをするからと、荷物をだいぶ減らしてきたおかげで本当に片付けがスムーズに行く。

今日中に終わりそうかな?

 

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/40

コメントする