夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ

計画を立てる

2004年1月13日 16:33 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

主人の退職届が無事に受理されたようだ。

退職日は120日。

 

み え:「ねえ、退職届はどうなった?」

かずや:「無事受理されたよ。」

み え:「保険証とか返さなきゃいけなかったり、離職票の件で呼ばれたりと

          いろいろ忙しくなってくるわよ。」

かずや:「意外と詳しいね。なんで?」

み え:「結婚する時に退職する手続きは一通り経験してるから。」

かずや:「そうか、そうだったね。」

み え:「とにかく、印鑑とか年金手帳とか保険証とか必要になってくるか

          ら、明日には言われなくても提出した方がいいよ。」

かずや:「そうだね、用意しといてくれる?オレどこにあるかわからないか

          ら。」

み え:「じゃ、かばんに入れとくね。」

 

主人の会社がしてくれる手続きは、すんなり終わらせて欲しいので、必要なものはすべて主人の通勤かばんの中に入れた。

そういえば、有給は何日残っていたのだろう。

 

み え:「ねえ、有給は何日残ってた?」

かずや:「やっぱり5日だったよ。」

み え:「退職前の5日で消化するの?」

かずや:「その予定だけどなんで?」

み え:「それならいいの。荷物の箱詰めとか手伝ってほしかったから。」

かずや:「そういうのは任せておいてよ。やるやる。」

 

主人が実質15日から家にいるから、その間に手伝ってもらうことや、やらなくてはいけないことをまとめておかないと。

ソファーに座ってテレビを見ている主人から離れ、私はキッチンのテーブルに座り、パソコンを立ち上げた。

 

主人が仕事に行っている間に、田舎暮らしの準備を進めなくてはならないから、効率よくやる方法を検索してみようと思った。

まずは、電気やガス水道のたぐいは明日にでも電話する予定だ。

新聞の購読停止なども明日電話する。

引っ越しの日にちを知らせておけば、その日までは普通に使える。

次にリサイクルショップにいつ来てもらうかの予定を立てる。

服専門の店もあるから、そっちにも連絡しておかないといけない。

田舎暮らしするのだから、できるだけスリムにして引っ越したい。


ここまでは、自分でも考えられるが、引越し業者だけはきちんとした所を選ばないといけない。

失敗はしたくないので、自分達にあった業者を選ぶために、試行錯誤中。

 

検索ワードに「引越し 見積もり」を入れて、1番先に出てきたのは、10社を一気に見積もりできる所。

ここをお気に入りに登録して明日ゆっくり見積もりを出そうと思った。

 

今すぐやればよいのだが、やはり主人が家にいる時は、主人との時間を大切にしたいと思ったので、パソコンをシャットダウンし主人の傍へ。

 

かずや:「奥さん、今日のお仕事は終わりですか(笑)」

み え:「はい、終わりました。」

かずや:「じゃあ、お酒でも飲もうか。」

み え:「いいですね~。」

 

残り少ないここで過ごす2人の時間を大事にしようと。

田舎暮らしのことでも話し合いながら...。

 

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/36

コメントする