夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ

引っ越し前の相談

2004年1月12日 16:28 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

無事自宅に帰って、とりあえず田舎暮らしのことを考えていた。

もらってきた間取り図を見ながら、いろいろ荷物の配置や家具のことを考えていた。

部屋は広くなるけど、今ある家具が本当に持っていく必要あるのかということを。

食器棚やテーブルなんかはいるけど、籐の家具やローチェアーなどどうしようかと。

 

退職金も出るけど、余分な引越し代にかけるより、気に入った家具を買う方にお金をかけた方がいいのではないかと。

「通販で買うという手もあるな~。」などと考えてもいた。

その話を主人にしてみると。

 

み え:「ねえ新しい家にさ、ここの家具を全部持っていくより、欲しい家具

     をそろえた方が良くない?」

かずや:「なんで?今のままでいいじゃん。」

み え:「引越しの荷物によって料金が変わってくるんだよね。それだった

     ら、退職金もあることだし、必要最小限だけ持っていく事にして、

     田舎暮らしに合うものを調達しない?」

かずや:「とりあえずさ、それ決める前に見積もりをしてもらおうよ。」

み え:「シュミレーションでやってみたけど。」

かずや:「そうなの?どのくらいだった?」

み え:「100万近くかかる・・・。」

かずや:「うそ!そんなに。」

み え:「だから、少なくしようって言ってるんだけど。だめかな。」

かずや:「いや、少なくしていこう。だって、あっちに行ってから車も買わな

     きゃいけないんだし。」

み え:「そうだよね~。でも、まだ1件しか見積もり頼んでないからいろい

     ろ調べてみるけど、なるべく少なくしていこうね。」

 

これで、主人の了解もとった事だし、明日から思う存分いるものといらないものに分けて、いらないものはリサイクルショップの人に取りに来てもらって、なんとか処分しなくては。

そうすれば、処分もできるし、微々たるものでもお金になるし。

リストを作って、どんどん進めなくちゃ。

 

実際、生活している時は不要と思わなかったけど、いざ引っ越しとなると「これはいらないな。」とか思うものが出てくる。

食器もよく使うものとちょっとした時に使えるものにしなきゃ。

だって、ちょっとかけたものとかも捨てずに使っていたから、そういうものも処分だな。

洋服も見てみないと。

B町は雪が降るところだって聞いてるから、防寒着になるものは必要でも、古いものとかは処分しなくちゃ。

 

明日の朝から、どんどん処分しながらかたずけなくちゃって思ったら、やる気がもりもり!

何事も楽しんでやらないと。

そうだ!大きめなダンボール箱も買いに行かなくちゃ。かなりの量が必要かも。

 

一人でどんどん片付けようとか、田舎暮らしのことをいろいろ考えてしまって眠れない夜になってしまいました。

 

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/35

コメントする