夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ

家を探そう

2003年12月 1日 14:07 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

田舎暮らしが着々と私に近づいてきている。

主人は転職先が決まり、住みたいという町が決まり、後は住む家が見つかって現地視察をして、気に入ったら引越しだ。

不安は不安。

私も主人も都心部周りしか知らない。

地方で生活することがどういうことか詳しく知らない。

なんとなくはわかっていても、「なんとなく」っていうのと、「ちゃんとわかる」のとでは違うから・・・。

不安になるのも当然だと思うのだけど。

 

頭の中だけで考えていても仕方がないので、住もうと決めたB町の役場で紹介している物件を物色中。

B町のホームページを見ているのだけれど、私達が希望している庭付き一軒家は決まってしまっている。

残っているのはアパートばかり。

ここだけ眺めていてもしかたがないので、再検索してみることに。

検索ワードに「○○県B町・不動産」を入力。

出てきたのは、なんと地元の不動産屋さんよりも都内や神奈川県、千葉県にある不動産屋だった。

ちょっと不思議だったけど、とにかく家を見つけないといけないと思ったから、上から順に見ていった。

「古すぎるのは嫌だな~。」なんて独り言を言いながらどんどん見ていく。

でも、B町の物件は意外と少ない。

だから、検索ワードを次々と変えて探した。

いいと思う物件がやっぱりなかなかない。

たまに一軒家があっても古かったり、アパートが多い。

最初はアパートでもいいかなと思ったりしたのだが、子供ができたらアパートだと「声がうるさい」とか言われるかもという点が気になる。

それだったら、田舎暮らしの当初から一軒家の方がいいじゃないかなと思っている。

 

そこでひらめいた。

最初から、B町に住みたいと思うような家の条件を話して、探してもらえばいいのではないかと。

ホームページの住居支援のページに「何でもご相談ください。」と書かれていたし。

ホームページを開いたまま、電話をかけることにした。

主人がかけたようにホームページに書かれている番号を押した。

 

先日担当してくれた方と話す事に。

平屋でもいいので一軒家で、せまくてもいいので庭があると言う事を伝えた。


田舎暮らしをするなら、賃貸でも一軒家がいいとかずやも承知してくれていたので。

何件か候補を上げてくれれば、現地視察にも行きたいと思っていることも伝えておいた。

その方が、話が早いし本気さが伝わると思って。

丁寧にお願いして、電話を切った。

 

担当の方は、何件かあたってくれるとのこと。

いい物件があったら、FAXを送ってくれるということも話していた。

そうすれば、早く見つかるし、主人も喜ぶと思ったから。

主人も頑張っているから、私ができることをやっていこうと思って。

力を合わせればなんとかなるし。

 

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/17

コメントする