夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ
田舎暮らし - 住んで都 TOP > Iターンって > 直接話を聞いてみよう

直接話を聞いてみよう

2003年11月23日 15:15 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

今日は主人が休み。

先日、転職先へ面接に行くために「祖母が危篤状態で・・・。」なんていううそをついて会社を休んだものだから、上司の人が気を利かせてまた休みをくれたらしい。

だから、その休みを利用して田舎暮らしを始めることのしあいをしようと。

 

かずや:「平日休みってなんかいいなぁ。」

み え:「ほんとだね。でも、のんびりできないかもよ。昨日一生懸命に資料

     を集めたから、かずやの話も聞いて候補地を決めておきたいんだけ

     ど。」

かずや:「えー、調べてくれたんだ。なんかうれしいね。最初から田舎暮らし

     にあんまり乗り気じゃない感じを受けてたから心配だったんだよ

     ね。」

み え:「そんなことないよ。不安はあったけどね。」

かずや:「そうなんだ、ごめんね。」

み え:「いいの、大丈夫。それより、私たちの条件に合いそうな所見つけた

     よ。ここのB町なんだけど。」

 

そう言って、B町のホームページを見せた。

 

mie8 022a.jpg

 

主人は黙って読んでいたんだけど、そのうちに目がきらきらしだした。

 

かずや:「ここ、いいじゃん。」

み え:「でも、山と林ばっかり的な感じだよ。道路とか舗装されてないかも

     よ。」

かずや:「確かに。ホームページだけじゃわからない所もいっぱいあるよ

          な。」

み え:「まぁ、他の所も見てみて。会社があるA市と、隣のC町。」

かずや:「うん。」

 

主人が読んでいる間に、コーヒーを入れに台所へ立った。

そっと資料やホームページを読んでいる主人の目を見てみたけど、さっきほどのきらきらが感じられない。

きっとB町がいいと言うな。と確信していたら、主人が走ってきた。

「別に走ってこなくてもそこから声をかければいいのに、近いんだから。」と思いつつ、

 

み え:「どうしたの?」

 

と声をかけてみた。

 

かずや:「決定!B町にしよう。」

み え:「他のを見終えたの?」

かずや:「見たけど、オレ達の条件に合うのはここしかない!」

み え:「でもさ、もう少し他の地域も見てみない?通勤に時間はかかるけ

     ど。」

かずや:「いや、通勤時間は妥協できない。だって早く帰りたいもん。」

み え:「あっそう。でも、ホームページや資料だけじゃ細部までわからない

     じゃん。」

 

コーヒーを持って資料の置いてあるテーブルについた。

主人は私の後を腕組みをしながら、ついて歩いてくる。

 

かずや:「そうだ、電話して聞いてみない?」

み え:「それいいかも。今日は平日だから役場もやってるしね。」

かずや:「オレ今にかけてみるよ。」

み え:「ちょっと待って、聞きたい事項をまとめてからの方がいいよ。何回

     もかけるわけにいかないしさ。」

かずや:「そうだな。えーっと。」

 

主人は資料の裏紙に書きだした。

住宅支援のこと、医療制度のこと、Iターンのこと、不動産関係のことなんかを。

ホームページに不動産の情報も出ていたから、紹介もしてくれるかもしれないと思ったのだろう。

 

かずや:「他に聞きたいことある?」

み え:「病院関係かな。近くにあるかどうか。」

かずや:「よし。」

 

紙にそのことも書き足して、すぐに電話のコードレスを持ってきた。

ホームページに記載されている番号を押して電話をかけた。

 

かずや:「もしもし、ホームページをみて電話をかけさせてもらったのです

     が、Iターンの関係の課につないでいただけますか。」

 

私たちが真剣に田舎暮らしに向けての第一歩を踏み出した瞬間だった。

 

ダイエットならダイエットサプリランキングが口コミで選べてオススメです!

 

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/27

コメントする