夫と共に一大決心で田舎暮らしをスタート。今では家族も増えて楽しさ倍増中!

田舎で暮らす 別荘 田舎暮らし 古民家情報館 ログ購入 伊豆の物件 ログハウス お取り寄せ
田舎暮らし - 住んで都 TOP > Iターンって > 仕事が決まり、田舎暮らし決定

仕事が決まり、田舎暮らし決定

2003年10月25日 15:08 | コメント(0) | トラックバック(0)

 

主人が面接先から帰宅して・・・。

すごいうかれ状態なんですけど・・・。

 

かずや:「オレってすごくない!」

み え:「どういう条件で採用になったの?うかれるのはわかるけど、ちゃん

          と説明して。」

かずや:「いいよ~。」

 

長々と脱線しながらの主人の話の大事な部分を要約すると、こんな感じ。

・仕事の内容は、プールとトレーニング施設の監視及び管理業務

・勤務時間は、9時から17時

・休みは毎週月曜日とその他週1日申請して休める(週休2日)

・お給料は、手取り21万円(毎年昇給あり)

・通勤手当その他もろもろあり。

 

こんな条件でOKしたという。

 

み え:「かずやは、この条件でいいの?」

かずや:「いいよ。仕事場の雰囲気もいいし、役所の下請けみたいな感じだか

          らしっかりしているところだったし。働きやすそうだった。何せ、

     Iターンを利用してそっちに住んで、落ち着きたいとかいろいろ話

     したら社長さんと気が合っちゃってさ~。もうその場でOKだったん

     だよ。」

み え:「それで、決まっちゃったわけ?」

かずや:「うん。」

み え:「本当にいいの?」

かずや:「みえは不満なの?」

み え:「そういうわけじゃないけど、あまりにもトントン拍子で決まりすぎ

     じゃない。」

かずや:「チャンスなんだよ。こういう時にうまく乗っからないと。」

み え:「そうだけどさ。住む所とかまだ決まってもないのに。」

かずや:「3月いっぱいで退職者がいるらしいから、2月までには来て欲しい

     って。」

み え:「うそ!あと何カ月もないじゃない。どうするの?」

かずや:「だから、一緒に新しいおうちを探すのさ。2人で。田舎暮らしの夢

     が叶うね~。」

 

もう、今日は話にならないと思った。

うかれすぎてて、話にならない。

確かに、転職するには年齢がいってるから、採用になっただけいいと思うけど。

なんか、展開が急すぎて信用していいのか不安。

主人のスーツをハンガーにかけながら、ため息が出た。

 

かずや:「ご飯まだ作ってないじゃん、だからお寿司でもとろうか。」

み え:「なんで急に。」

かずや:「いやほら、これから近隣地域とかで条件のいいところの家を探した

     りするからさ、ご飯の支度してたら一緒に探せないでしょ。」

み え:「今から探すのね・・・。」

かずや:「もちろん!」

み え:「それなら、いくつか調べてあるよ。ネットから引っ張ってお気に入

     りに登録してある。」

かずや:「そうなんだ。みえ、すごいじゃん!田舎暮らしする気マンマンだね。」

 

主人のうれしそうな顔を見ていたら、私も一緒に喜んであげなきゃって気分になってきた。

これから、新しい土地で2人で暮らしていくんだものパートナーは大事にしなくちゃ。

田舎暮らし決定なんだし。

でも、本当に採用なのかな~とかなり不安。

そう思いながら、主人と宅配してくれるところのチラシを見ていた。

 

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.inakablog.info/blog/mt-tb.cgi/25

コメントする